変形性膝関節症による痛みか確かめる

■怪我による痛みか、疲労による痛みか
の痛みは、怪我(外傷)による痛みと、変形性膝関節症のように、スポーツなどのしすぎでに繰り返し負担をかけたために起こる疲労による痛みの2つに大別できます。
この2つを区別するには、いつ、どのようにして痛みが始まったのか、どのようなときに痛みが繰り返されるのか、といった情報が重要になります。
たとえば、スポーツの最中に突然激しい痛みが起きたとき、まず怪我を考えます。
スポーツ以外でも、何かの拍子にをひねって、その直後から痛みが始まった場合も同様です。


■怪我による痛みか試してみる
をひねった直後に痛み出したときは、同じようにをひねってみて、痛みが再現されるかどうか試してみます。
同じような動作で同じような痛みが起きるときは、の内部や周辺に怪我をしていることが考えられます。
特に、その後も同じスポーツをするたびに同じような痛みが繰り返されるときは、靭帯や半月板などが傷ついている可能性もあります。
痛みが繰り返されるときなど、一度整形外科医にきちんと診てもらう必要があります。


■痛みは、徐々に始まったものか
疲労による痛みのときは、痛みが徐々に始まるという特徴があります。
運動が終わってから徐々に痛みだしたり、旅行先の観光名所で階段を上っているときではなく、その後ひと休みしているときに痛みだすなど、スポーツや旅行のあとに痛みが始まったということが多いものです。
変形性膝関節症では、スポーツや階段の上り下り、長距離を歩くなどの機械的な負荷を受けることで関節軟骨が擦り減り、そのとき生じた物質が刺激となって膝に炎症が起きて関節液がたまります。
そのため、あとからが腫れたり、痛みだしたりすることが多いのです。


■こんな動作できますか
特にに負担がかかりやすいのは、スポーツではジャンプやストップ、サイドステップ、ジグザグに走るなどの動作です。
変形性膝関節症になると、このような動作はできなくなくなります。
走ることは、変形性膝関節症の進行度によっても異なりますが、まったくできないわけではありません。
しかし長距離を走ることや短距離を全力疾走することが困難になります。
日常生活では、最初にに痛みを感じるのは、階段の下りるときやイスから立ち上がるとき、しゃがむとき、正座をするときです。
普通の床だと歩いても痛みがなく、じゅうたんの上を歩くとつまずきやすく、痛みも出やすくなります。


は十分に曲がったり、伸びますか
の硬さ、柔らかさは性別と年齢によっても違います。
は普通、正座するときのように十分に曲げることも、まっすぐに伸ばすこともできます。
が十分に曲がるかどうかを調べるには正座をします。
正座ができれば十分曲がっているといえます。
正座はできても痛くて続けられないということでも、痛みが治れば正座ができるようになります。
しかし、正座ができないという状態では、に拘縮が起きている可能性があります。
その場合は、専門的な治療が必要です。
が硬くなってしまったために、ある角度以上曲げることができず、正座が不可能になっているのです。
がまっすぐに伸びているか調べるには、床に腰を下ろし、を伸ばします。
その状態での裏側が床についているか見ます。
手で押しても左右どちらかでもの裏が床につかないようなら、拘縮が起きている可能性があります。


■普段からの状態をチェック
変形性膝関節症は、はっきりとした自覚症状がないまま進行することがあります。
の状態は常にチェックするようにしましょう。
チェックするときのポイントは、が十分に曲がるか、まっすぐに伸ばせるか、太ももの筋肉がやせてきてないかどうかです。
の状態を普段からチェクしておくと変化に気づきやすくなります。


■太ももの筋肉がやせてきていませんか
が悪くなると、太ももの筋肉がやせてきます。
太ももの筋肉がやせると、しっかりとを支えることができず、の故障は悪化します。
悪循環にならないためにも、太ももの筋肉がやせていないかどうか、ふだんからチェックする必要があります。
床に腰を下ろし、を伸ばして太ももの太さを見ます。
太ももの筋肉にしっかり力を入れて、その状態を見たり、手で触って硬さを調べたりします。
変形性膝関節症の場合、あまり左右差はないので、やせているかどうかの判断は難しいです。
しかし、ふだんから調べていると、太ももの筋肉がやせてきたかなど気づくようになります。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved