変形性膝関節症の2つの主な手術法

■高位脛骨骨切り術
高位脛骨骨切り術とは、O脚に変形した脚の脛骨を切ってまっすぐにつなげ直して、正常なや脚の形に近づける手術です。
手術によってがまっすぐになると、関節軟骨骨全体で体重を支えることができるようになるので、傷んでいる内側の関節軟骨の負担が減り、の痛みがやわらいで、もよく動くようになります。
しかし、骨を切ったあとは、骨折をしたときと同じように骨と骨がきちんと骨癒合するまで固定しておく必要があります。
そのため、長期入院と治療が必要になります。
骨を固定するには、両方の骨に金属の棒を通して皮膚の外で固定する方法が一般的です。
その場合、6週間ぐらいは固定しておく必要があります。
他には、ギプスで固定したり、頑丈な金具で留める方法もあります。
また、骨が癒合したあとも3ヵ月間は松葉杖や1本杖を使用しなければなりません。
高位脛骨骨切り術は、変形性膝関節症が進行期以上まで進んだときに行われるのが一般的です。
変形が軽いうちだと、手術後痛みがやわらぎ、もよく動くようになります。
変形が進んだ状態のときでも行えますが、手術結果は劣ります。


■人工膝関節全置換術
人工膝関節全置換術とは、大腿骨と脛骨の傷んだ関節軟骨や軟骨下骨の一部を切除して、金属やプラスチック、セラミックなどでできた人工関節に取り替える手術です。
人工関節に取り替えると同時に変形した骨を切除して、の形と脚の形も整え、関節包や靭帯などに負担がかからないように調節します。
この手術の長所は、の痛みがなくなることです。
高位脛骨骨切り術ほど長い入院・治療期間を必要としません。
しかし、正座のようにを深く曲げることは、できません。
人工関節は生体にとっては異物なので、骨と一体化することはありません。
そのため、長期間経過するとゆるんでくることもあり、そのときは再手術が必要です。


■人工膝関節の寿命
人工膝関節は、骨との間にゆるみが生じない限り、ずっと使えます。
骨と人工関節の間がゆるまないように、さまざまな新工夫が開発されています。
あわせて、手術技術も進歩しています。
人工膝関節の耐用年数は徐々に延びてきています。
数字としては出ませんが、平均耐用年数でいえば、20年をはるかに超えているのではないかと思われます。


■手術後も運動療法は不可欠
の痛みや変形を治すには、高位脛骨骨切り術や人工膝関節全置換術などの手術は、効果的な治療です。
しかし、手術したあと何もしなくていいということではありません。
を動かすには太ももの筋力が大切なので、太ももの筋肉を鍛えるトレーニングをします。
手術後はとくに、一定期間膝を固定しているので、脚の筋力が一段と落ちています。
いずれの手術後も、関節の可動域を回復さえるためのストレッチングが必要です。


■補助療法、関節鏡手術
関節鏡と、胃カメラのように細かい管の先にレンズとライトついています。
これを関節内に差し込んで関節内を診ながら診察することを関節鏡検査といいます。
この検査を行いながら治療・手術が行えるようになりました。
これを関節鏡視下手術といいます。
関節鏡を関節内に挿入するためには、メスで小さな穴を開けなければなりません。
通常の手術のように大きく切開する必要がないため、負担が少ないのが特徴です。
変形性膝関節症の場合は、擦り切れて劣化した関節軟骨を削ってなめらかにしたり、邪魔になる骨棘や骨堤などを切除するのに関節鏡視下手術を行うことがあります。
しかし、高位脛骨骨切り術や人工膝関節全置換術のように原因を矯正する方法ではありません。
変形性膝関節症の治療は運動療法を基本に、タイミングよくいろいろな補助療法を用いることで成功します。
関節鏡視下手術もその1つです。


■関節鏡手術はこんなときも行う
半月板が裂けたり割れたりしていると、関節軟骨に傷がついて変形性膝関節症を悪化させることがあります。
そこで、関節鏡を使って内部を見ながら傷ついた半月板の一部を切除することがあります。
また、怪我などで関節軟骨に深い傷がついたり、欠けたりすると、それが原因で変形性膝関節症になることもあります。
そのようなときも、関節鏡を使ってその傷を埋める手術を行うことがあります。
この方法は、変形性膝関節症のように関節軟骨が広い範囲で擦り減っている場合には不向きです。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved