変形性膝関節症治療の基本の運動療法

■治療目標を確認する
変形性膝関節症の人の最大の悩みは、の痛みがあるので、歩く、座る、走る、階段を上り下りするなどのを使う動作ができないことです。
痛みだけを取り除くのでは、不十分です。
を使いやすいように、の痛みを治していくことが大切です。
そのために、今後の生活やどのようにを使いたいか、治療目標を確認することが重要になります。
それぞれの目標にあわせた治療が必要ですが、治療目標が高いと、それだけに負担がかかります。
長期的みて一定の危険が伴うことになります。
そのようなことも含めて、治療目標をどう決めるか、どんな治療が必要なのか医師と相談して、治療方法を決めます。


は使いながら治していく
変形性膝関節症の悪化要因の1つは、を使いすぎることです。
を使わないようにすれば、それ以上の故障が悪化することはありません。
しかし、を使うことを避けていると、ますます太ももの筋力は弱くなります。
そうなると、動く範囲も狭くなります。
変形性膝関節症の人は、を使うために、を治したいわけですから、を使いながら治していくことが必要なのです。


■治療の基本は3つの運動療法
治療の目的は、痛みのためにあまり使っていないを、将来にわたって使えるように治すことです。
まずを動かす筋肉を手入れすることが重要です。
スポーツがしたい、山の登りがしたいなどの目標の見合うだけの筋力が必要ですが、ごくふつうの日常動作を行うことが目標であれば、筋肉を使いながら手入れをする習慣をつければ十分です。
次の3つの運動療法が効果的です。
1.太ももの筋力アップ
への負担を少なくするために、体重を支えている大腿四頭筋をきたえて強くするトレーニングをします。
2.歩行習慣
ウォーキングを習慣にして、痛みの出ない範囲でを使いながら筋力をつけます。
3.ストレッチング
の可動域を維持するためのストレッチング(柔軟体操)を行います。


■運動療法にはこんな効果がある
変形性膝関節症を治す運動がありますが、の痛みを解消するには、特に太もものトレーニングが有効です。
太ももの筋力がつくとの動きを制御できるようになり、関節軟骨に傷つくのを防げるようになります。
さらに変形性膝関節症の悪化を防ぎ、確実にの痛みを軽減させることができます。
運動療法によってを適度に動かしていると、関節液の循環がよくなります。
関節軟骨に栄養が行き渡って、ある程度は自然治癒力で治してくれます。
その他、トレーニングによって関節周囲や関節包の血行がよくなるので、の痛みをやわらげる効果も期待できます。


■運動療法は継続する
太ももの筋力アップなどの運動療法は、効果が現れるまでに個人差もありますが、少なくとも2週間はかかります。
今日始めて明日には痛みがなくなるというようなものではありません。
気長に続けることが必要です。
気長に続けていれば必ず痛みはやわらぐので、あきらめずに毎日トレーニングが行っていくことです。


変形性膝関節症の人が歩いても大丈夫か
変形性膝関節症の人が歩きすぎのは、膝にかかる負担が大きくなるので、症状を悪化させる可能性があります。
どのくらい歩くと歩きすぎなのかは、人によって違います。
今までに1日1万歩以上歩いている人なら、8000歩くらい歩いても歩きすぎとはいえません。
1万歩でも問題ないかもしれません。
しかし、4000歩しか歩いてない人がいきなり8000歩、歩くというのは無理なことです。
もちろん、ほとんど歩かないのはよくありません。
脚の筋力が落ちて、ますます歩けないようになります。
一般的に8000歩くらい歩くことは、の痛みをやわらげる効果がありますが、人によって痛みがでることもあります。
痛みがでたときは、その時点で歩くのを中止しなければなりません。
我慢して歩くのは、変形性膝関節症を悪化させることになります。


■運動療法を補助する治療法
治療の基本は運動療法です。
痛みが強かったり、滑膜炎や関節水症などがあると、運動療法に支障をきたします。
その場合は、まず痛みや炎症を抑える治療が必要になります。
痛みや炎症を抑える治療(対症療法)は、運動療法を無理なく行うための補助療法です。
補助療法には、次のようなものがあります。
<薬物療法>痛みや炎症を抑えるために飲み薬、湿布、塗り薬、坐薬などを用いります。
<関節療法>関節水症を起こし、膝に水がたまっているときに、水を抜いて薬剤を注入します。
<物理療法>光や熱、超音波、低周波、レーザーなどを用いて痛みをやわらげます。
<足底板・膝装具>O脚変形が見られる場合に、靴の中敷きのような足底板や脚全体に巻きつける膝装具などの治療具を用いて脚を補強します。
<手術>足底板や膝装具では不十分なときに、すねの骨を切ってまっすぐにする高位脛骨骨切り術や人工関節に置き換える人工膝関節全置換術などの手術を行います。


■二次性の変形性膝関節症の治療
変形性膝関節症のなかにも、原因がはっきりしている場合もあります。
たとえば、関節炎や半月版の損傷が原因の変形性膝関節症の場合は、まず原因となる疾患の治療から始めます。
このような2次性の変形性膝関節症は、多くありません。


■対症法と根治療法
疾患の治療には症状そのものを改善する対症療法と原因そのものを取り除く根治療法があります。
変形性膝関節症で行う運動療法は、対症療法と根治療法の両方の働きをするといえるでしょう。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved