痛みの種類

の痛みにもいろいろな症状がある
の痛みを一般に訴えますが、具体的な内容はさまざまです。
歩くと痛い人、走ると痛い人、他に階段の上り下りのときに痛い人、を曲げると痛く正座できない、座って安静にしていても痛い人など、さまざまな状況で痛みが起こっています。
また、が重くて階段の上りにくい、がだるい、を動かすとガリガリ、ゴリゴリ音がするような不快感がある、膝が腫れてきた、足を引きずる、足が上がらない、が伸びない、曲がらない、がずれる、がガクッとする、がグラグラして頼りにならない、といった症状を訴える人もいます。


の痛み=老化現象ではない
の痛みは千差万別です。
時々痛かったり、しばらく休むと軽くなるため、多くの人は、年齢や疲れのせいだろうと、勝手に病気ではないと判断しているようです。
最近、は痛む病気として、変形性膝関節症が知られつつありますが、この病気に関しても、老化現象の1つと勘違いされがちで、我慢してしまうことが多いようです。
しかしの痛みは、我慢していてもよくはなりません。
変形性膝関節症は老化現象ではないので、老化現象だから治らないとか年のせいだから仕方ないと痛みを我慢する必要はないのです。


を動かさないとだんだん動きにくくなる
の痛みや不快感などが続くと、をかばって無理に動かそうとしなくなります。
特に膝を曲げたり伸ばしたりしたときに痛みがあると膝の曲げ伸ばしを避けるようになります。
しかし、の関節は、毎日適度に動かしていないと、動かせる範囲が狭くなり、やがてまったく曲げ伸ばしができなくなってしまいます。
また、を動かしているのは太ももの筋肉ですが、の曲げ伸ばしを避けていると、太ももの筋力もしだいに弱くなっていきます。
の機能が衰えると、立つ、座る、歩く、走る、階段を上り下りするなどの動作が妨げられて、日常生活に支障をきたします。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved