変形性膝関節症とは

■関節軟骨や靭帯などが膝関節を安定させる
膝の関節は、の上にある大腿骨と、の下にある脛骨が接する部分をいいます。
大腿骨の前面には膝蓋骨(ひざのお皿)があり、脛骨の外側には腓骨があります。
大腿骨と脛骨が接する部分は、硬い骨どうしが直接ぶつからないように、関節軟骨というなめらかで弾力のある組織で覆われています。
関節軟骨は膝の健康にとって非常に重要な部分です。
変形性膝関節症は、この関節軟骨が擦り減っていく病気です。
膝蓋骨の関節に接する部分も関節軟骨で覆われています。

関節軟骨で覆われた大腿骨と脛骨の断端は、関節包という丈夫な1つの袋で包まれていて、強く結びつけられています。
関節包の内側は、滑膜で覆われて、内部のすき間は滑膜から分泌される関節液で満たされています。
関節液はわずか数ccですが、関節の動きを助ける潤滑液の働きがあり、関節軟骨に栄養を与える役割もしています。

関節包に付着した半月板という軟骨があり、膝にかかる衝撃を吸収するクッションの働きをしています。
大腿骨と脛骨をしっかりとつないで、の動きを制御している靭帯は強靭な繊維の束で、膝中央の前十字靭帯と後十字靭帯、関節包の外側の外側側副靭帯と内側側副靭帯が膝の主要な靭帯です。
これらの靭帯が切れるとは不安定になります。
が正常に動くためには、関節が安定している必要があります。
その重要な役割を関節軟骨や靭帯、半月板、関節包などが果たしています。


■関節軟骨はレントゲン写真には写らない
レントゲン写真と見ると、骨と骨の間にすき間があるように見えます。
このすき間には関節軟骨があります。
レントゲン写真に写るのは、カルシウムで形成されている骨だけです。
関節軟骨にはカルシウムが含まれていないので、関節軟骨で覆われている骨の断端はレントゲンには写りません。
そのため骨と骨の間が透明になって、すき間のように見えるのです。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved