膝を自由に動かせなくなる

は曲げ伸ばしのときが一番痛い
関節軟骨が傷ついたり擦り減ったりすると、を動かすたびに痛みを感じるようになります。
とくに完全伸展のときや、完全屈曲のときです。
もともとは、完全伸展のときの角度を0度とすると、20〜45度くらいに曲げているのが最も楽なようにできています。
逆に完全屈曲は、大腿骨と脛骨を結びつけている靭帯や関節包などの軟部組織が最も緊張するため、関節軟骨にかかる荷重も大きくなります。
そのため、の骨の変形や関節包や靭帯などが傷ついていると、完全伸展や完全屈曲のときに痛みが激しくなります。

完全伸展・・・をまっすぐ伸ばすこと
完全屈曲・・正座をするときのようにを最大限に深く曲げること


は動かさないと、しだいに硬くなる
完全伸展や完全屈曲するたびに痛みが起こると、痛みを避けようとして、の曲げ伸ばしを自然に控えるようになります。
そういう状態が続くと、靭帯や関節包、筋肉などの軟部組織が徐々に短縮して柔軟性が失われ、伸ばそうとしても伸ばせない、曲げようにも曲げられない状況に陥ります。
これは、痛みのためではなく、に力を入れてもできない、手で押して無理に曲げ伸ばししようとしてもできないという状態です。
これを筋肉拘縮といいます。
とくにがまっすぐ伸びないことを屈曲拘縮といいます。
一度拘縮が起きると、痛みのためにますますの曲げ伸ばしを避けるようになり、さらに拘縮が進み硬くなっていきます。


■ストレッチで柔らかなを保とう
は、曲げると痛い、伸ばすと痛いといって動かさないでいると、硬くなってしまいます。
そうなると、曲がりにくくなったり、まっすぐ伸ばせなくなります。
これ以上膝が硬くなるのを防ぐためには、ストレッチをして、の柔らかさを保つことが大切です。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved