膝の痛みの原因が膝以外の場合

■腰部の異常がの痛みを招くこともある
腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などの腰の異常が、の痛みを招くこともあります。
脚は大腿神経と坐骨神経という神経に支配されています。
この神経は、腰椎部で、脊髄から馬尾という末梢神経の束となって大腿神経や坐骨神経となり、臀部(でんぶ)や太もも、、ふくらはぎ、足首、足の先まで広く分布しています。
腰の部分の背骨に異常があると、大腿神経や坐骨神経が刺激されます。
その異常によって、腰だけでなく、や臀部、太もも、ふくわらはぎなどに痛み、しびれ、冷えなどの症状が起こることがあります。


■腰部の異常
人間の背骨(脊柱)は脊椎という短い骨が積み重なって構成されていています。
脊椎と脊椎の間には軟骨でできた椎間板があり、クッションの役目をしています。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰部の椎間板の中の軟らかい組織が外側にはみ出して神経を圧迫している状態です。
腰椎分離・すべり症は、脊椎の前部と後部をつなげている部分が骨折したりずれたり神経を刺激している状態です。
腰部脊柱管狭窄症じゃ、脊柱の中を通っている脊柱管が狭められて神経を圧迫する状態です。


■股関節の異常
痛みを感じる部位があれば、その部位に病変があると思いますが、痛みを感じる部位と病変の部位は、必ずしも一致するわけではありません。
病変が脚の付け根にある股関節にあっても、膝に痛みがあるように錯覚することがあります。
股関節の疾患は、股関節の関節軟骨を擦り減る変形性股関節症などがあります。
その多くは幼いころの股関節の病気が原因で起こります。


■足部の変形が原因
偏平足や外反母趾、凹足、過回内足、ハンマートゥなど、足部に変形があると、歩いたり走ったりしたときに受ける地面からの衝撃を足の裏で吸収できません。
このため、に偏った負担がかかり、部分的にを痛めることがあります。
変形性膝関節症になる予備軍ともいえます。
常にに余分な負担をかけてしまいます。


■足部の変形のいろいろ
<外反母趾>足の親指の付け根が出っ張って痛む外反母趾は、O脚や偏平足と合併することもあります。
に余分な負担がかかります。
<偏平足>足の裏のアーチには地面からの衝撃を吸収する働きがあります。
しかし偏平足の場合アーチが働かず、地面からの衝撃を吸収できません。
<凹足>甲高の凹足は柔軟性がないので、に負担をかけやすいです。
<ハンマートゥ>ハイヒールやきつい靴をはき続けたために、足の指が曲がって固まってしまうことをハンマートゥといいます。
地面からの衝撃を足の裏全体で受け止められなくなります。

 

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved