膝周辺の疾患が膝の痛みを招く

■鵞足炎(がそくえん)
太ももの後ろにある膝屈筋群の一部は、の内側で脛骨とつながっています。
その部分がガチョウの足のような形なので鵞足(がそく)といいます。
鵞足炎は、の曲げ伸ばしの過度な繰り返しによって鵞足に炎症が起こるものです。
の内側が痛みます。
特につま先を外側に開いての屈伸を繰り返していると、過度な負担がかかって痛めやすくなります。
鵞足に負担をかけないように。つま先を常にまっすぐにするか、内側に向けるように心がけることが大切です。


■腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)
腸脛靭帯は、の外側にあります。
腸脛靭帯と大腿骨がこすれて起きる炎症を腸脛靭帯炎といいます。
走っているときの外側の痛みが増してきて、特に下り坂では痛みが激しくなります。
走るのをやめると痛みはすぐになくなります。
逆に再度走ると再発するという特徴があります。
長距離ランナーに多い症状です。
O脚の人は腸脛靭帯と大腿骨がこすれやすく、腸脛靭帯炎を起こしやすくなります。
走るにも速度を下げ、歩幅を狭くすれば痛みはやわらぎます。
しかし、長距離ランナーは走りすぎが原因なので、走る距離を短くする必要があります。


■腓腹筋の損傷は、膝の裏側が痛い
腓腹筋はふくらはぎにある筋肉です。
急に激しいスポーツをすると、腓腹筋が強く収縮して、筋線維が断裂することがあります。
いわゆる肉離れです。
テニス脚とも呼ばれています。
肉離れは中年期に多い症状で、の裏側からふくらはぎにかけての部分が痛んだり腫れたりします。
長距離を走ることが多い人の場合、痛みというよりも慢性的な不快感を感じていることもあります。
腓腹筋を損傷したときは休養することも大切ですが、十分にストレッチングをして血行をよくすることでよくなります。
再発しやすいので、運度のしすぎには注意が必要です。
また、日ごろからストレッチングなどで筋肉を手入れすることが大切です。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved