関節の疲労で起こる膝の痛み

■半月板損傷
の怪我で多いのが、半月板が裂けたり割れたりするものです。
半月板損傷が起こるのはに急に大きな力がかかったときで、スポーツなどでジャンプするときや着地したとき、急に停止したときやふんばったとき、座った状態から急に立ち上がったとき、しゃがみながら体をひねったときなどが多いようです。
を動かすと雑音がしたり、歩いているときや階段を下りるときなどに急にの力が抜けて、がくずれたりします。
一定の角度以上、の曲げ伸ばしができなくなることもあります。
このようなときは、半月板の割れたり裂けたりした部分を縫い合わせたり、部分切除したりします。
しかし、一度傷ついた半月板は、完全に回復することはありません。
半月板といっしょにの衝撃をやわらげている関節軟骨に負担がかかりやすくなって、変形性膝関節症を起こすこともあります。


■ロックングとひざくずれ
半月板損傷や関節ねずみ、膝蓋骨軟骨軟化症などで、突然を動かせなくなることをロッキングといいます。
半月板や靭帯の損傷などで、に重心をかけたときに、急にがずれる感じがして不安定になることをひざくずれといいます。


■前十字靭帯の損傷
靭帯は、多くの膠原線維の束でできています。
その一部が断裂する軽度な損傷から、完全に断裂する重度な損傷まであります。
腫れや痛みの症状が起こります。
の主な4本の靭帯のうち、最も損傷を受けやすいのは内側側副靭帯です。
手術をしなくてもほとんど治ります。
しかし、前十字靭帯や後十字靭帯を怪我したときは、手術をしないと完全には治りません。
特に前十字靭帯の損傷は、しっかり治療しないと日常生活でも膝くずれを起こすようになります。
半月板や関節軟骨に負担がかかって変形性膝関節症に移行することが多くなります。


■関節軟骨損傷と関節ねずみ
の限られた一部分に繰り返し外力がかかると、関節軟骨や骨などの一部がはがれたり、はがれ落ちたかけらが関節内を動き回ることがあります。
関節内で関節軟骨が損傷を受けることを関節軟骨損傷あるいは骨軟骨骨折といいます。
外傷が加わったときに骨と軟骨がはがれかけたり、はがれ落ちて遊離してしまう離断性骨軟骨炎という疾患もあります。
はがれ落ちて関節内を動き回る骨や軟骨のかけらを関節ねずみまたは、関節遊離体といいます。
関節軟骨や骨などの一部がはがれ落ちて遊離体になると、が腫れ、さらに遊離体がにすき間に挟み込まれて、体重をかけると激痛が起きたりします。
遊離体は動き回っているので、そのときどきで痛みの箇所も程度も違います。
ときには、を動かせなくなることもあります。
その場合は、すぐに遊離体を取りだす手術が必要です。
また関節軟骨がはがれ落ちると、将来その部分を中心に関節軟骨の傷が広がり、変形性膝関節症になることもあります。


■膝蓋骨軟骨軟化症
膝蓋骨軟骨軟化症とは、大腿骨と接している膝蓋骨(ひざのお皿)の内側を覆っている関節軟骨が軟化して、劣化してくる病気です。
スポーツのあとにが腫れたり痛んだりします。
関節軟骨は、のなめらかな動きを守っているので、その関節軟骨が軟化・劣化するとを動かすときにギシギシ、ゴリゴリと音がしたり、痛みを感じたりします。
多くは、スポーツが引き金になって起こります。
膝蓋骨と大腿骨のかみ合わせが悪いために、関節軟骨の特定の部分にだけ負担がかかって擦り減ってくることもあります。
若い女性に多く見られます。
変形性膝関節症同様に、運動療法が基本で、とくに太ももの筋肉を鍛える四頭筋訓練が有効です。


はデリケート
曲げる、伸ばす、ひねるなど、さまざまな動きをするの構造は大変複雑です。
骨格で支えているというより、靭帯や半月板で支えられているといったほうがよいでしょう。
骨折をしていなくても、靭帯や半月板が損傷するとの安定性は失われます。
とくに靭帯や半月板は、治療をしても十分に回復しないこともある部分です。
きちんと治したつもりでも、の不安定性が続いていることがあります。
そのため、中高年になってからのスポーツや日常生活の活動に支障が生じることがあります。


■たな障害
関節の内側を覆っている滑膜に、ひだ状のものができているときがあります。
これをたな、あるいはひだといいます。
たなが、運動しすぎや打撲などで関節の間にはさまったり、の曲げ伸ばしする際に骨にひっかかると痛みが生じます。
これをたな障害、あるいは内側ひだ障害といいます。
痛みは消炎剤で治ります。
場合によっては、たなを切除する手術が必要になることもあります。


■膝蓋靭帯炎
膝蓋靭帯は膝蓋骨と脛骨をつないでいる靭帯です。
膝蓋骨のすぐ下にあります。
膝蓋靭帯炎は、バスケットボールやバレーボールなど、頻繁にジャンプするスポーツによって膝蓋靭帯が疲労してしまうものです。
ジャンパーひざともいわれています。
膝蓋靭帯の一部が傷ついている程度であれば、スポーツのあとにのお皿の下に痛みが出る程度です。
しかし、無理してそのまま運動を続けていると、症状が悪化し、運動ができなくなることもあります。
運動量を減らし、消炎剤で痛みを抑えるとともに、筋肉を鍛える運動療法が必要です。


■膝蓋靭帯
膝蓋靭帯は、膝蓋骨と脛骨をつないでいます。
ジャンプすることが多いスポーツでは、膝蓋靭帯に小さな傷がつきやすく、のお皿の下に痛みが出るようになります。
膝蓋腱ともいいます。


お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved