問診後に触診

■問診をもとに、の硬さや曲がり具合を調べる
問診が済んだら、や脚を実際に見たり触れたりしながら調べます。
ベッドに仰向けに寝て、自分で膝を伸ばします。
スッと伸ばせないと、痛みがあるか、が固まっているかです。
伸ばしたを医師が上から軽く下に押し付けて、がまっすぐに伸びるか調べます。
これでもが伸びなければ、が曲がったまま固まっている(屈曲拘縮)という状態です。
次にをゆっくりと曲げて、深く曲げられるか調べます。
このとき、医師がに手を当てた状態で曲げてもらうと、耳には聞こえなくても音を感じることもあります。


■腫れや圧痛、ゆるみなども調べる
に水がたまっている(関節水症)を調べるときは、のお皿のまわりを指で押さえながら調べます。
関節周囲の軟部組織のむくみが原因でが腫れていることもあるので、それと区別します。
の要所要所を押してみて、圧縮がないかどうかも調べます。
押す部分は、次のような場所です。
内側や外側の大腿骨と脛骨のすき間、の内側や外側のを曲げる筋肉の腱の部分、膝蓋骨の周囲、膝蓋骨と脛骨を結ぶ腱の上下の端やその周囲、大腿骨の内側や外側の出っ張った部分、の裏の中央などです。
その他、両手で大腿骨と脛骨をつかんでの前後方向にゆるみがないか、内側や外側に曲げるときゆるみがないかなども調べます。
また、のすき間に手を当てて、を曲げ伸ばししたり、ひねったりして痛みがないか、音がしないか調べます。


■病院へ行くときの服装
診察を受けるときは、ベッドの上に仰向けに寝て、の曲げ伸ばしをするので、がよく見えるような服装がいいでしょう。
例えば、短いズボンやキュロットスカートならそのまま診察できます。
長いズボンの場合は、柔らかい素材の太めのもので、の上までまくり上げて診察できます。
その他の場合は、診察の邪魔になるので脱いで受診することになります。
ストッキングやサポーター、湿布なども診察の邪魔になります。


■医師は患者さんの歩き方も見ている
医師は、診察室に入ってくる患者さんの歩き方やイスに座るときの様子を見ています。
そのため、できるだけの様子が分かるような服装で通院します。
杖を使っているときは、杖を使ったまま診察室に入るほうがいいでしょう。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved