膝の痛みの説明の仕方

■痛みを説明するときの3つのポイント
の痛みを説明するときのポイントは次の3つです。
1.どこが痛いか
痛みを感じる部分がどこなのかを正確に説明することは意外と難しいものです。
はっきり表現できないときは、このあたりと手で示して説明するとよいでしょう。
2.いつから
の痛みが始まった時期です。
それからずっと痛いか、一度よくなって再度痛くなったなどです。
3.どんな痛みか
どんなときに、どんな痛みなのか具体的に話します。
言葉で表現するのは難しいと思いますが、刺すように痛いとか、ズキッとする、重いなどという具体的表現をすれば分かりやすくなります。


■問診前に整理しておく
1.痛みが感じるは、どこなのか
2.どんな動作のときに痛みを感じるのか
3.いつから痛みを感じるようになったのか
4.が腫れているか
5.がまっすぐに伸ばせるか
6.正座はできるか
7.を曲げるとき、雑音を感じることはないか
8.どんない痛みか
9.歩くとき足を引きずったりするか
10.が熱をもっているように感じることはないか
11.静かにしていてもが痛いときはないか

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved