グリコミサンやコンドロイチンの効果は?

変形性膝関節症を治す効果のある栄養補助剤として、最近、グリコミサンやコンドロイチンが注目されています。
関節軟骨の重要な成分は、コラーゲン線維と糖たんぱく複合体のプテオグリカンです。
グリコサミンやコンドロイチンは、軟骨細胞でプテオグリカンが合成されるときの材料になります。
したがって、プリテオグリカンの材料が不足するようなときは、グリコミサンやコンドロイチンを経口摂取することは、意味のあることといえるかもしれません。
しかし、グリコミサンやコンドロイチンを摂取しても、腸で吸収されるとき他の食品と同様に、いったんアミノ酸や糖質に分解されてしまいます。
ですから、グリコミサンやコンドロイチンを経口摂取しなくても、食品から摂取したアミノ酸や糖質からプロテオグリカンを合成することができるのです。
また、グリコミサンやコンドロイチンが軟骨細胞に供給され、プロテオグリカンが合成されたとしても、コラーゲン線維がつくっている網目構造が破壊されていたのでは、プロテオグリカンは軟骨の成分として重要な役割を果たせません。
こうしたものにたよるより、幅広い食品から幅広く栄養を摂るほうが望ましいといえます。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved