ハイヒールはひざに良くない?

一般にヒールの高さが6cm以上の靴をハイヒールといいます。
最近は、ヒールの高さが10cm以上もあるようなハイヒールをはいている若い女性をよく見ます。
このようにヒールの高い靴をはいてをまっすぐに伸ばして立つには、足の指に力を入れて、つま先で立たなければなりません。
短時間なら可能でも、長時間そのままでいることは不可能ですから、どうしてもを軽く曲げ、股関節も軽く曲げてバランスをとることになります。
を軽く曲げた状態で立つには、太ももの前の筋肉に力を入れなければならず、その結果、を伸ばしているとき以上の大きな力がにかかることになります。
大きな力が常ににかかることは、変形性膝関節症の発症や悪化の原因になります。
スムーズに歩くためには、ヒール3cmくらいあるほうが望ましいのですが、高すぎるとの疲労の原因になります。
ハイヒールは、そのほか偏平足や外反母趾などにも悪影響です。
脚やの健康のためには、高すぎるヒールは避けたほうがよいでしょう。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved