半月板は取ってしまっても大丈夫ですか

半月板は軟骨の一種で、にかかる力を分散・吸収する大切な役割を果たしています。
スポーツや事故などで傷つけてしまうことも多いのです。
このようなときは、関節鏡を使って部分切除したり、縫合するなどの治療を行います。
しかし、半月板は治療が難しい部分なので一度傷がついてしまうと治りにくく、治るまでには長期間を必要とします。
なかには、完全に治らないこともあります。
半月板の傷は、完全に治しておかないと徐々に大きくなって、が痛んだり、が動かなくなったりする原因になります。
症状によってはやむをえず、完全に切除してしまうこともあります。
半月板を切除しても、太ももの筋肉の訓練に励んだり、のトレーニングや手入れを正しく行っていれば、日常生活などには、不便はありません。
ただし、専門医と相談しながら、の状態に合わせて、激しいスポーツなどの活動を制限していく必要はあります。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved