変形性膝関節症に正座は良くない?

変形性膝関節症になって、に水がたまったり、拘縮が起きていたりすると、正座ができなかったり、痛みで正座が長く続けられなくなったりします。
正座をしようと脚を曲げたり、正座から立ち上がろうとしてに力をかけたりすると痛いので、正座ができなることもあります。
どちらにしても、痛みを我慢してまで正座をする必要はありません。
逆に変形性膝関節症を悪化させることになります。
病院で医師からもあまり正座をしないようにと言われたりします。
しかし痛みがなくなれば、をできるだけ深く曲げることは、の動く範囲を維持するのにとても大切なことです。
また、痛みがあるからとを使わなくなると、ますますが硬く、曲げられなくなるので、毎日のストレッチングは欠かせません。
ただしこのときも、立ったり正座したりを何回も繰り返していると、に過大な負担がかかって、変形性膝関節症を悪化させてしまうことがあります。
何度も立ったり座ったりすることや痛みを我慢してまで正座をすることは避けたほうがいいです。

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


ひざの痛み・症状

変形性膝関節症とは

ひざの痛みを自分で治す

ひざの痛みを運動療法で治す

変形性膝関節症以外のひざの病気

病院での診察・診断・検査

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 変形性膝関節症を治す. All rights reserved